バーチャルオフィス







バーチャルオフィス福岡

バーチャルと聞くと、現実の世界には存在しない、仮想的なイメージを持ちがちですが、Virtual Officeは、実際に住所も建物も存在し、お客様に代わって「転送電話」や「住所レンタル(住所貸し)」といった代行サービスを行うものを言います。


バーチャルオフィス福岡の魅力

Virtual Officeでは、代行業務をまとめて行うことができ、完全に独立した住所や自分だけの電話番号として利用することができ、支店や事業所の所在地として法人登記することも出来ます。したがって、Virtual Officeの住所を使用することで、安心してビジネス活動が行えるようになります。ビジネスでは、電話に対する応対は会社への印象にも影響しやすいため、常につながりやすい状態を保てるというのは、とても大きなメリットだといえます。


バーチャルオフィス福岡は実用的なサービス

Virtual Officeとは、実際には以前から利用されてきた「私書箱」や「住所レンタル」、「秘書代行」、「転送電話」といったサービスを総称したものです。Virtual Officeは、使用できる住所を法人登記や特定商取引に基づく表記に記載できたりと実用的なサービスです。 ※会議室(一定時間内無料)がご利用頂けます。


バーチャルオフィス福岡の費用対効果

代行業務をまとめて行えるのもVirtual Officeの特徴です。 「住所レンタル」と『転送電話」を活用することで、プライベートな 住所などを公開せずにビジネスを行うことができるのがVirtual Officeです。

自宅を兼用事務所としてVirtual Officeを利用する場合には、 中心地の住所を利用することで「信頼度アップ」にもつながり、 Virtual Officeを利用することで、より快適にビジネスを 行える環境が整うということになります。

その他にも、企業する際の事務所としてVirtual Officeを利用すれば、 貸事務所を利用した場合に比べ、数十万以上の経費削減が可能となります。


バーチャルオフィス福岡はローリスク!ハイリターン!

名刺や自社ホームページ、パンフレットに掲載できるので、Virtual Officeの住所を、新天地で事業を拡大するために活用する方もいらっしゃいます。

Virtual Officeは支社としても利用する事ができます。Virtual Officeは、郵便物の受け取り代行や専用電話番号を発行、共有FAXなどが利用できるため、ビジネスに欠かせない住所や連絡先といった条件もそろいます。フリーランスでビジネスを行っている方にも最適です。

仮に新天地での事業計画がうまく進まなかった場合でも、Virtual Officeの場合はダメージを最小限に抑えられるだけでなく、事業の見直しも行いやすくなります。

バーチャルオフィスは、低リスクで事業を展開することができ、無理のない事業を行うのに最適なビジネスツールだと言えるでしょう。